プエラリア(白ガウクルア)プエラリア(白ガウクルア)

プエラリア(白ガウクルア)
高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

プエラリア&あれこれ

プエラリアサプリの適正摂取量

たくさんのプエラリアサプリが販売されていますが、ほとんどの場合は、100mg以上のプエラリアが配合されています。
そして、サプリによっては700mgもの量のプエラリアが1日の摂取量に及ぶというものまであります。

しかし、大豆イソフラボンの1日における平均摂取量はおよそ40~60mgになっています。
この数値を見ると、700mgのプエラリアは明らかに摂取量をオーバーしている事は言うまではありません。

プエラリアサプリを初めて摂取しようと考えている方が急に多量のプエラリアを体内に取り入れたら副作用のリスクは避けられません。
そして、プレラリアの1日の上限摂取量はおよそ200~400mgと言われています。上限摂取量と比較してみても、700mgは多すぎる量なのです。

サプリメントには、それぞれ適正摂取量が設定されています。
サプリを初めて取り入れる方は、適正摂取量の半分から3分の1の量がおすすめです。
少量から開始し、体への異常がないようでしたら徐々に増やしていく事が理想的です。

副作用にあたる体調不良が見られれば、すぐに減らすのも可能です。
効果を即実感したいからと言って、プエラリアサプリを初めから多量に摂取するリスクも覚えておくようにしましょう。

プエラリアサプリは継続的な摂取が必要?

プエラリアサプリは、バストアップの効果が期待できる点が大きなメリットになっています。
そのほか、更年期障害の防止や改善なども期待出来ます。
しかし、デメリットもある事を覚えておく事も必要です。

効果を即実感したいからと言って、適正摂取量を守らず摂取を続けていると思わぬ体調不良につながってしまう場合があります。
そのほか、摂取するタイミングを無視して摂取して副作用のリスクを高める場合もあるのです。

プエラリアサプリを摂取する際に、疑問や不安などがある時はコールセンターの利用がおすすめです。
サプリの成分を把握したスタッフが対応してくれるので、納得出来る回答が得られます。
また、プエラリアサプリを摂取する際に継続していかなければ効果を維持できないのかという不安もあるでしょう。

サプリの中には、バストアップを促す成分が配合されているため摂取を止めるとその効果は継続出来ないと言えます。
実際に、摂取している方の声を聞いてみても同じ返答が返ってきます。
継続摂取により、体調を維持し綺麗でふくよかなバストを手に入れられるのです。

バストアップだけではないメリットも理解した上で、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

プエラリアの効果的な摂取時期とは?

プエラリアが含まれているサプリの効果を高めるためには、卵胞期が良いと言われています。
パッケージやホームページなどには、卵胞期に摂取してくださいと記載はありません。
これは、サプリは薬品ではなく食品として分類をされているためです。
しかし、卵胞期に摂取した方が良い理由がしっかりとあります。
お話をしていきましょう。

プエラリアのサプリは、成分として含まれている植物性のエストロゲンが女性ホルモンである卵胞に似た作用をするためです。
卵胞期になるとエストロゲンの量が増加し、黄体期になるとプロゲステロンの量が増加します。
黄体期にエストロゲンの分泌量を増やすと、ホルモンバランスを乱す結果を招いてしまうためです。
この症状をエストロゲン優勢と呼び、副作用を引き起こしてしまいます。

通常、卵胞ホルモンが1の割合だとすると黄体ホルモンは200になります。
このバランスが崩れてしまうと体調不良に陥ってしまうのです。
ですので、卵胞期にプエラリアを過剰摂取しても副作用が出てしまう可能性もあり、黄体期であってもそのリスクはありえます。
プエラリアのサプリは、1ヶ月分としての表記がされていますが、継続的に1ヶ月間続けて摂取するものではない事を覚えておきましょう。


高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

更年期にはプエラリア(白ガウクルア)!
プエラリア(白ガウクルア)!なら、マイハーブプログラム

マイハーブプログラムのこだわり

メディカルハーブサプリメント:マイハーブプログラムのこだわり

マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントは、様々なこだわりとタイ伝統医学に基づいた見解の高品質メディカルハーブサプリメントです。
①栽培方法のこだわり
マイハーブプログラムのメディカルハーブの栽培方法は独自の「超自然農法」です。
これは、ほとんど人の手を入れない極めて自然の状態に近い農法です。
②原種メディカルハーブ
マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントはすべて原種メディカルハーブで作られています。
つまり、全く品種改良されていない自然のメディカルハーブだけを株分けしたものですので、内容成分の量と品質が桁外れです。
③完全無農薬・ノーケミカル
栽培に関しても、完全無農薬です。また、高地での栽培のため、他の地域の農薬や肥料、化学物質の影響を一切受けていません。これらの高品質のメディカルハーブを化学物質を一切使用せずに蜂蜜だけで固めたのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントなのです。

高品質の正規プエラリア

高品質の正規プエラリアを生産するミラクルハーブスピリッツ社タイやミャンマー国境付近に生息するプエラリアですが、タイ王国の調べによると、タイ東北部ルーイ県のプエラリアが一番品質が良いことがわかりました。(薬効成分が高い)そこで、研究の為に、タイ国立農業大学(カセサート大学)の研究チームとミラクルハーブスピリッツ社が共同研究で、プエラリアの栽培に着手し、「超自然農法」と言う栽培方法で、当時世界で初めて「栽培」に成功しました。
これが評価されて、ミラクルハーブスピリッツ社は、民間企業で唯一プエラリアに関する全ての許可を取得することができ、しかも、プエラリアに関して最先端の研究所として、タイでも評価を受けています。
ですからマイハーブプログラムの正規プエラリア(白ガウクルア)は、高品質、正規プエラリア(白ガウクルア)なのです。
現在でも、プエラリア(白ガウクルア)はタイ王国において、非常に厳しい規制があります。所持するだけでも許可が必要な貴重なメディカルハーブなのです。
また、プエラリア(白ガウクルア)は、フィトエストロゲンの量が季節によって変化があります。マイハーブプログラムのプエラリア(白ガウクルア)は有効成分の高い時期に収穫、加工しておりますので、私たちに嬉しい成分をそのまま簡単に摂ることができます。

更年期にはマイハーブプログラムのサプリメント:正規プエラリア(白ガウクルア)をぜひお試し下さい!

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

そもそもプエラリア(白ガウクルア)とは・・・

プエラリア(白ガウクルア)とは、タイ国北部山岳地帯に自生するマメ科クズ属の希少植物で、古くから美容と健康によい食物と伝えられていました。
プエラリア(白ガウクルア)を食べていた、タイ国のある特定の村(モン族)の女性だけが美しいプロポーションをしていたことから研究が始まり、女性の美容・健康への働きが記された古い書物も発見されています。
タイの伝統医学(ペートペンタイ)では、プエラリア(白ガウクルア)はハーブの女王と呼ばれ、女性のためのメディカルハーブとしてとても珍重されていました。
その後、研究はさらに進み、プエラリア(白ガウクルア)の作用が非常に優れていることがわかりました。

プエラリア(白ガウクルア)の成分

プエラリア(白ガウクルア)の成分の特徴はなんといっても女性に不可欠な美しさを引き出してくれることにあります。
まず、大豆などに含まれる「イソフラボン」。この成分は女性ホルモンを活発にする働きで知られています。つまり、よく誤解があるのですが、女性ホルモンそのものではなく、あくまで、女性ホルモンを活性化(活発)にする成分と言うわけです。プエラリア(白ガウクルア)には、このイソフラボンが大豆の何十倍という量で含まれています。
次に、これがとても重要ですが、女性ホルモンの中の抱卵ホルモン(エストロゲン)に似た物質(様<よう>物質)を植物で唯一持っていると言うことです。
植物成分を「フィト(ファイト)」と言います。ですので、これをフィトエストロゲン<植物性エストロゲン>と言います。
このフィトエストロゲンは、動物性エストロゲン(ホルモン製剤など、薬として使用されている)と違い、効き目が穏やかで、しかも乳がん等のリスクがないことで、世界中で注目されています。
またさらに違った作用の成分である「ミロエステロール」と「デオキシミロエステロール」も含まれていると言われています。そしてこれらの成分は、プエラリア(白ガウクルア)以外からはまだ見つかっていないのです。今後さらに研究が進むと明らかになってくることも多いでしょう。


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|