プエラリア(白ガウクルア)プエラリア(白ガウクルア)

プエラリア(白ガウクルア)
高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

プエラリア&あれこれ

プエラリアを摂取するのは食前?食後?

プエラリアサプリを摂取するタイミングですが、食前に飲んだ方が良いのか食後に飲んだ方が良いのか迷ってしまうと思います。
薬品に関しては、食前や食後などの摂取時間について表示がありますがサプリに関してはそのような記載は行われていません。

通常、バストアップに効果のあるサプリの成分については胃や腸を通して吸収されます。ですので、胃や腸に他の食品が入っていない状態で摂取した方が吸収律が高いと言えます。
時間帯としては、食前の2~3時間前になります。
そのタイミングで摂取する事が望ましいと言えます。

サプリメントの種類によっては胃液がたくさん分泌している状態での摂取が有効的だというものもあります。
サプリの形状は、錠剤やカプセルがほとんどになっています。
もしも、不安や疑問が解消されないという方は、サポートセンターを利用し確認を取ることがおすすめです。

サポートセンターには、プエラリアサプリに関する豊富な知識を持つオペレータの方がいるため、適切なアドバイスが受けられます。
そして、個々によって吸収しやすいタイミングも違ってきます。
ですので、サプリを摂取しながらどのタイミングが自分の体にあっているのか考えながら飲んでいって頂きたいと思います。

もしも副作用が出てしまった時の対処方法

バストアップのサポートをしてくれる成分が配合されているプエラリアサプリ。
もしも、副作用が出てしまった場合にはどのような対処が適切なのでしょうか?
いくつかにわけてご紹介させて頂きます。

・体調の異変を感じた時点で、服用をすぐに止める
・今まで摂取していた分量を減らしながら摂取を続ける
・摂取を取り敢えず止め、次回の卵胞期のタイミングを見計らい通常の量から減らした分量で再開する
・サポートセンターへ電話やメールを利用し相談する

上記の4つのパターンが挙げられます。
そのほか、もうどうする事も出来ないほどの体調不良に陥った場合には、早めにクリニックや病院などで受診を受けるようにしましょう。
そこまでではないものの、明らかにプエラリアサプリを飲んでから体調が悪くなってしまったという方の多くは、摂取量や時期が原因となっています。

多量の摂取や摂取する時期などが体に合っていない事が考えられます。
プエラリアを多量に摂取したからすぐにバストアップが期待出来るのではない事を頭においておきましょう。
プエラリアサプリは、バストを大きくしてくれるものではなくバストアップ効果に期待が出来る植物性のエストロゲンが含まれている健康食品なのです。

貴重なプエラリアがここ日本でも

プエラリアは希少植物のため、乱獲防止策としてプエラリアの根塊は輸出禁止となっているのです。
ですがそれ以前は輸出が認められていたということですから、それ以前のプエラリアに根塊は注目されています。
その根塊はここ日本の兵庫県和田山町というところにあります。

この和田山町は現在、合併により朝来市となりました。
貴重なプエラリアの根塊が入手できたということで、旧和田山町ではその栽培に取組んでいます。
すでに10年以上の研究歴があり、また栽培の実践も積極的に行っているのです。
そしてハウス栽培も実現していることから、貴重なプエラリアをここ日本でも入手できる環境が整いつつあります。

偽装プエラリアなど、いろいろと不安な問題もある中で、日本でハウス栽培されているという点はプラスに働くことでしょう。
国内で栽培され、そして品質管理もしっかりと行っているので、安全性も高いと言えます。
またハウス栽培に成功しているということで、品質の安定性も高く、その点も嬉しいポイントになってくるでしょう。

今後こういったルートからより多くのプエラリアサプリメントなどが発売されれば、さらなる需要を獲得することもできるでしょう。
そのようなことについても是非期待したいところです。


高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

更年期にはプエラリア(白ガウクルア)!
プエラリア(白ガウクルア)!なら、マイハーブプログラム

マイハーブプログラムのこだわり

メディカルハーブサプリメント:マイハーブプログラムのこだわり

マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントは、様々なこだわりとタイ伝統医学に基づいた見解の高品質メディカルハーブサプリメントです。
①栽培方法のこだわり
マイハーブプログラムのメディカルハーブの栽培方法は独自の「超自然農法」です。
これは、ほとんど人の手を入れない極めて自然の状態に近い農法です。
②原種メディカルハーブ
マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントはすべて原種メディカルハーブで作られています。
つまり、全く品種改良されていない自然のメディカルハーブだけを株分けしたものですので、内容成分の量と品質が桁外れです。
③完全無農薬・ノーケミカル
栽培に関しても、完全無農薬です。また、高地での栽培のため、他の地域の農薬や肥料、化学物質の影響を一切受けていません。これらの高品質のメディカルハーブを化学物質を一切使用せずに蜂蜜だけで固めたのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントなのです。

高品質の正規プエラリア

高品質の正規プエラリアを生産するミラクルハーブスピリッツ社タイやミャンマー国境付近に生息するプエラリアですが、タイ王国の調べによると、タイ東北部ルーイ県のプエラリアが一番品質が良いことがわかりました。(薬効成分が高い)そこで、研究の為に、タイ国立農業大学(カセサート大学)の研究チームとミラクルハーブスピリッツ社が共同研究で、プエラリアの栽培に着手し、「超自然農法」と言う栽培方法で、当時世界で初めて「栽培」に成功しました。
これが評価されて、ミラクルハーブスピリッツ社は、民間企業で唯一プエラリアに関する全ての許可を取得することができ、しかも、プエラリアに関して最先端の研究所として、タイでも評価を受けています。
ですからマイハーブプログラムの正規プエラリア(白ガウクルア)は、高品質、正規プエラリア(白ガウクルア)なのです。
現在でも、プエラリア(白ガウクルア)はタイ王国において、非常に厳しい規制があります。所持するだけでも許可が必要な貴重なメディカルハーブなのです。
また、プエラリア(白ガウクルア)は、フィトエストロゲンの量が季節によって変化があります。マイハーブプログラムのプエラリア(白ガウクルア)は有効成分の高い時期に収穫、加工しておりますので、私たちに嬉しい成分をそのまま簡単に摂ることができます。

更年期にはマイハーブプログラムのサプリメント:正規プエラリア(白ガウクルア)をぜひお試し下さい!

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

そもそもプエラリア(白ガウクルア)とは・・・

プエラリア(白ガウクルア)とは、タイ国北部山岳地帯に自生するマメ科クズ属の希少植物で、古くから美容と健康によい食物と伝えられていました。
プエラリア(白ガウクルア)を食べていた、タイ国のある特定の村(モン族)の女性だけが美しいプロポーションをしていたことから研究が始まり、女性の美容・健康への働きが記された古い書物も発見されています。
タイの伝統医学(ペートペンタイ)では、プエラリア(白ガウクルア)はハーブの女王と呼ばれ、女性のためのメディカルハーブとしてとても珍重されていました。
その後、研究はさらに進み、プエラリア(白ガウクルア)の作用が非常に優れていることがわかりました。

プエラリア(白ガウクルア)の成分

プエラリア(白ガウクルア)の成分の特徴はなんといっても女性に不可欠な美しさを引き出してくれることにあります。
まず、大豆などに含まれる「イソフラボン」。この成分は女性ホルモンを活発にする働きで知られています。つまり、よく誤解があるのですが、女性ホルモンそのものではなく、あくまで、女性ホルモンを活性化(活発)にする成分と言うわけです。プエラリア(白ガウクルア)には、このイソフラボンが大豆の何十倍という量で含まれています。
次に、これがとても重要ですが、女性ホルモンの中の抱卵ホルモン(エストロゲン)に似た物質(様<よう>物質)を植物で唯一持っていると言うことです。
植物成分を「フィト(ファイト)」と言います。ですので、これをフィトエストロゲン<植物性エストロゲン>と言います。
このフィトエストロゲンは、動物性エストロゲン(ホルモン製剤など、薬として使用されている)と違い、効き目が穏やかで、しかも乳がん等のリスクがないことで、世界中で注目されています。
またさらに違った作用の成分である「ミロエステロール」と「デオキシミロエステロール」も含まれていると言われています。そしてこれらの成分は、プエラリア(白ガウクルア)以外からはまだ見つかっていないのです。今後さらに研究が進むと明らかになってくることも多いでしょう。


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|