プエラリア(白ガウクルア)プエラリア(白ガウクルア)

プエラリア(白ガウクルア)
高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

プエラリアあれこれ40

プエラリア・ミリフィカは日本人に必要?02

プエラリア・ミリフィカの含有成分クズの根の主成分はフェラリン、ダイズィンを始めとするイソフラボン配糖体で、その他、ダイゼイン、ゲニステインなどのイソフラボンやクメスタン誘導体のクメステロールなどが含有されています。



以上の成分はいずれも「プエラリア・ミリフィカ」の根にも含まれています。プエラリア(ガウクルア)に含まれていて、クズに含まれていない成分もあります。



それはミロエステロ-ルと言う特異なイソフラボノイド系物質(イソフラボンではありません)で、女性ホルモン(エストロゲン)の強い作用があり、その強さはステロイドホルモンの一種であるエストラジオールと言う卵胞ホルモンやその他の治療用エストロゲン薬と同等以上と言われています。



「プエラリア・ミリフィカ」の根におけるミロステロールの含有量は0.002%程度と高くはないのですが、ミロエステロールより更に強力とされる類縁物質も最近単離されているので、「プエラリア・ミリフィリカ」の根は総ホルモンの活性は相当強いものと考えて良いでしょう。



世界に植物成分多しとしえどもこれほど強い女性ホルモン活性のものは珍しく、「プエラリア・ミリフィカ」の塊根は80年程前にヨーロッパの科学者が注目しました。



ミロエステロールはエストロゲンとしての作用はエストラジオールに勝るとも劣らない強さがあるのですが、ミロエステロールは服用してもすぐに効果が表れず、服用を中止してもすぐには効果がなくならないと言う欠点があり、即効性、持続性と言う薬物の特性により医薬としての応用は断念されました。



イソフラボンの効用プエラリア・ミリフィカの乾燥根を粉末としたサプリメント「プエラリア・ミリフィリカ」には強力なエストロゲン作用成分ミロエステロールの他、イソフラボンも多く含まれています。



近年、健康維持や増進と言う観点でこれらのイソフラボンは広く注目を集めていますが、日本人女性は欧米人女性に比べて骨粗鬆症や乳がんの罹患率が低く、また更年期障害の症状も軽いことが以前から指摘されていましたが、それは日本食に要因があるようです。



日本食はダイズを原料とした納豆や豆腐など加工食品多くて日常的に摂取している事があげられます。



大豆にはイソフラボン誘導体のダイゼインの含有量が多く更年期障害を軽度に抑え、骨粗鬆症や乳がんの発生率が低いのはその女性ホルモン(エストロゲン)作用によると言われています。



欧州では外国人が最も嫌う納豆がサプリメントとしてスーパーなどで販売されています(Nattoと書いてあるそうです)。



それほど、イソフラボン含有食品に対する関心の高さを表すものでしょう。



最近、健康食品製造業者がイソフラボンの含有量の多い天然素材を求めていますが、ダイズの数十倍と言う極めて高いイソフラボンの含有量のある「プエラリア・ミリフィカ」に白羽の矢が立てられたのです。



イソフラボンは極めて人にやさしい女性ホルモン作用があり、女性ホルモンの不足によって引き起こされる更年期の不快な緒症状を緩和する効果があるといわれます。



また、骨からカルシウムが溶出すのを防ぎ骨吸収の抑制の作用もあることが分かり、骨粗鬆症の治療薬が我が国の製薬会社によって開発されました。



更に、イソフラボンの副作用を防止するために、一日の摂取量の目安があり、イソフラボン一日当たりの適正摂取量を40~50ミリグラム、納豆なら60グラム、豆腐なら150グラム(半丁程度)、きな粉なら20グラムに相当する量としています。



米国でもダイズは健康食品として普及しており、米国医薬食品局(FDA)では一日当たりの摂取の適正量は60グラム(イソフラボン配糖体では100ミリグラム)としており、殆ど日本と変わりません。



日本では食事の欧米化しておりますが、少し日本食に心がければ食事で賄える量です。偏食などの理由でイソフラボンの摂取量が不足気味だとしても、イソフラボン含有の特定保健食品で十分補充できると思われます。



プエラリア・ミリフィカの必要性ダイズの数十倍のイソフラボンを含有する「プエラリア・ミリフィカ」にはお金を払ってまで購入する価値があるのでしょうか?



我が国の特定機能食品メーカー及び米国医薬食品局(FDA)がイソフラボンの適正摂取量を推奨するのにはそれなりの根拠があることを忘れてはなりません。



イソフラボンの女性ホルモン作用はゲニステインで、エストラジオールの10.000分の1、ダイセインではケニステインの更に数分の1と言うレベルに過ぎず、ごく微量である事は確かであります。



しかし、高含有量のイソフラボンの摂取でホルモン関係に障害が現れる可能性がある事はオーストラリアで、ゲスニテインを多量に含む牧草を日常的に食べた家畜の間で不妊症が多発した事件でも明らかです。



日常の食生活でイソフラボンが過剰摂取される可能性は殆どないですが、サプリメントではカプセル、錠剤化として過剰摂取の危険性が高くなる可能性のある事を肝に銘じておくべきです。



従って「プエラリア・ミリフィカ」を健康食品として(豊胸などの美容目的以外)販売するサイトなどは強力なエストロゲン作用を持つミロエステロールについての説明がされている事は殆どなく、説明があってもエステロールに匹敵する事に触れていないのは消費者に情報を適切に開示しているとは言えず多大に問題があります。



結論としては、納豆や大豆、お味噌汁などの日本食を前提とした食事を続けていれば、科学的見地から推奨されている量のイソフラボンを十分補充できるようです。



大豆より多量のイソフラボンを含有する「プエラリア・ミリフィカ」は強力なエストロゲン作用を持つミロエステロールを含有するので危険も伴います。



世界には様々な食文化があり、ダイズや大豆加工品を食する習慣がない地域もあるので「プエラリア・ミリフィカ」の有用性を全面的に否定するものではありません。


高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

更年期にはプエラリア(白ガウクルア)!
プエラリア(白ガウクルア)!なら、マイハーブプログラム

マイハーブプログラムのこだわり

メディカルハーブサプリメント:マイハーブプログラムのこだわり

マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントは、様々なこだわりとタイ伝統医学に基づいた見解の高品質メディカルハーブサプリメントです。
①栽培方法のこだわり
マイハーブプログラムのメディカルハーブの栽培方法は独自の「超自然農法」です。
これは、ほとんど人の手を入れない極めて自然の状態に近い農法です。
②原種メディカルハーブ
マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントはすべて原種メディカルハーブで作られています。
つまり、全く品種改良されていない自然のメディカルハーブだけを株分けしたものですので、内容成分の量と品質が桁外れです。
③完全無農薬・ノーケミカル
栽培に関しても、完全無農薬です。また、高地での栽培のため、他の地域の農薬や肥料、化学物質の影響を一切受けていません。これらの高品質のメディカルハーブを化学物質を一切使用せずに蜂蜜だけで固めたのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメントなのです。

高品質の正規プエラリア

高品質の正規プエラリアを生産するミラクルハーブスピリッツ社タイやミャンマー国境付近に生息するプエラリアですが、タイ王国の調べによると、タイ東北部ルーイ県のプエラリアが一番品質が良いことがわかりました。(薬効成分が高い)そこで、研究の為に、タイ国立農業大学(カセサート大学)の研究チームとミラクルハーブスピリッツ社が共同研究で、プエラリアの栽培に着手し、「超自然農法」と言う栽培方法で、当時世界で初めて「栽培」に成功しました。
これが評価されて、ミラクルハーブスピリッツ社は、民間企業で唯一プエラリアに関する全ての許可を取得することができ、しかも、プエラリアに関して最先端の研究所として、タイでも評価を受けています。
ですからマイハーブプログラムの正規プエラリア(白ガウクルア)は、高品質、正規プエラリア(白ガウクルア)なのです。
現在でも、プエラリア(白ガウクルア)はタイ王国において、非常に厳しい規制があります。所持するだけでも許可が必要な貴重なメディカルハーブなのです。
また、プエラリア(白ガウクルア)は、フィトエストロゲンの量が季節によって変化があります。マイハーブプログラムのプエラリア(白ガウクルア)は有効成分の高い時期に収穫、加工しておりますので、私たちに嬉しい成分をそのまま簡単に摂ることができます。

更年期にはマイハーブプログラムのサプリメント:正規プエラリア(白ガウクルア)をぜひお試し下さい!

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>

そもそもプエラリア(白ガウクルア)とは・・・

プエラリア(白ガウクルア)とは、タイ国北部山岳地帯に自生するマメ科クズ属の希少植物で、古くから美容と健康によい食物と伝えられていました。
プエラリア(白ガウクルア)を食べていた、タイ国のある特定の村(モン族)の女性だけが美しいプロポーションをしていたことから研究が始まり、女性の美容・健康への働きが記された古い書物も発見されています。
タイの伝統医学(ペートペンタイ)では、プエラリア(白ガウクルア)はハーブの女王と呼ばれ、女性のためのメディカルハーブとしてとても珍重されていました。
その後、研究はさらに進み、プエラリア(白ガウクルア)の作用が非常に優れていることがわかりました。

プエラリア(白ガウクルア)の成分

プエラリア(白ガウクルア)の成分の特徴はなんといっても女性に不可欠な美しさを引き出してくれることにあります。
まず、大豆などに含まれる「イソフラボン」。この成分は女性ホルモンを活発にする働きで知られています。つまり、よく誤解があるのですが、女性ホルモンそのものではなく、あくまで、女性ホルモンを活性化(活発)にする成分と言うわけです。プエラリア(白ガウクルア)には、このイソフラボンが大豆の何十倍という量で含まれています。
次に、これがとても重要ですが、女性ホルモンの中の抱卵ホルモン(エストロゲン)に似た物質(様<よう>物質)を植物で唯一持っていると言うことです。
植物成分を「フィト(ファイト)」と言います。ですので、これをフィトエストロゲン<植物性エストロゲン>と言います。
このフィトエストロゲンは、動物性エストロゲン(ホルモン製剤など、薬として使用されている)と違い、効き目が穏やかで、しかも乳がん等のリスクがないことで、世界中で注目されています。
またさらに違った作用の成分である「ミロエステロール」と「デオキシミロエステロール」も含まれていると言われています。そしてこれらの成分は、プエラリア(白ガウクルア)以外からはまだ見つかっていないのです。今後さらに研究が進むと明らかになってくることも多いでしょう。


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|41|42|43|44|45|46|47|48|49|50|51|52|53|54|55|56|57|58|59|60|